いかをカット

焼いたいかを手切りでカットします。形を揃えるのが大変です。 今年はいかが不漁で仕入れも大変です。

続きを読む

季節限定弁当

秋の特別弁当製造中。いつもはないお弁当は詰めるのに時間がかかります。 でもそのうち慣れてスピードアップします。が、そのころに販売終了です。

続きを読む

玉子焼のすだれ巻き

焼き上がった玉子焼は、すだれで巻きます。 巻き方で形が変わってしまうので、コツがいる作業です。 玉子を焼く前に、先輩の焼いた玉子焼をひたすらすだれで 巻いてみるという練習もします。

続きを読む

いかの串打ち

いかの串打ちはうまいへたが露骨に分る作業です。 刺し方がへただと焼いたときに格好悪い形になってしまいます。 自分の上達が目に見えて分る作業の一つです。

続きを読む

醤油たっぷり

調理の際は、醤油もたっぷり使います。 なので、こちらも毎日大量に補充が必要です。 一斗缶を運ばなければならないので、これまた力仕事です。

続きを読む

砂糖たっぷり

調理の際は、砂糖をたっぷり使います。 なので、毎日大量に補充しなければなりません。 一袋30kg入りなので、それを運ぶのもまた力仕事です。

続きを読む

串刺し

カットした魚を串に刺しています。 脂の乗り具合や大きさ・形を見ながら刺します。 あくまで仕込み作業ですが、丁寧に刺してあると 焼くときにスムーズにきれいに焼けるのです。

続きを読む

いかの仕込

いかの仕込中。 生の魚介類を触ることも多いので、よく手を洗わないと匂いが残ります。 普段触ることのない人にとっては新鮮な体験かもしれません。

続きを読む

力仕事

煮上がったさといもをバットにあけています。 力仕事ですが、出来たての煮物の香りを一番に嗅げます。

続きを読む

南瓜

煮物の中でも人気がある南瓜。 毎日、小さくカットして皮をむいてという作業があります。 季節によってはものがなくて仕入れられなくなることも。 仕入れの面でもいろいろ気苦労は多いのです。

続きを読む

たこカット

たこ飯に入れるたこをカットしています。 完成品を仕入れてそのまま弁当に入れてしまえば楽ですが、 弁松では地道な手作業がまだまだ多いです。

続きを読む

洗ってます

毎日たくさんの洗い物が出ます。洗い場ではそれをきれいに洗います。 そしてまた明日、みんなが気持ちよく使えるのです。

続きを読む

めかじきカット

めかじきをカットしています。焼き方の仕込みの大部分はこのめかじきをカットすることです。 独特の切り方をするので、うまく切れるまでは時間がかかります。

続きを読む

冷却機

弁当に詰めるためには、おかずは作ってからすぐに冷却しなければなりません。 毎日大活躍の冷却機です。そうじするのが大変です。

続きを読む

はしで詰める

弁当を詰める際は、手袋をして手で詰めますが、 時にははしを使って丁寧に詰めて行きます。

続きを読む

めかじき

弁松で使用している魚は主にめかじきです。 こんな感じで納品され、毎日たくさんカットするのです。

続きを読む

ふた

ふたには表裏があるものもあります。ただの薄い板に見えますが、 作るのに物凄い手間がかかっています。大事に扱わなければなりません。

続きを読む

重ねてる最中

おかずが詰め終わりふたをしたら重ねます。 重ね方が悪いと倒れてしまうので、バランス感覚が必要です。

続きを読む

包装紙

今日使う包装紙の束です。 果たして何枚あるのでしょうか?

続きを読む