よくある質問⑩

Q.外国人なのですが社員として働けますか? A.外国人の方は、まずビザと日本語能力を確認させていただいております。 留学ビザや家族ビザだと社員になっていただくのは難しいかもしれません。 また、日常会話に困らない程度の日本語能力がないと社員としては採用出来ません。 こちらもご覧下さい!

続きを読む

よくある質問⑪

Q.車の免許がない、もしくはペーパードライバーなのですが、配達の仕事は必須ですか? A.普通免許をお持ちの方は優先的に採用する場合もありますが、必ずしも必須ではありません。 ペーパーの方も運転してみて大丈夫そうなら配達に出てもらいますが、危なそうな場合は 無理に出ていただくことはしません。 配達自体は、主に毎日同じルートでの納品が中心です。まれにルート以外のお客さんのところへ…

続きを読む

よくある質問⑫

Q.まずはバイトから始めたいのですが可能ですか? A.実質社員としての採用前の試用期間がそれに当たると思います。 大抵の方は一か月ほどで正社員になることが多いですが、もう少し じっくり考えたい場合は最長三か月まで試用期間を延ばします。 逆に会社の方からもう少し仕事ぶりを拝見してから判断したいという 場合にも延長は有り得ます。 社員ではなく完全にバイト希望の方は一度ご相談下…

続きを読む

よくある質問⑬

Q.将来的に会社の規模はもっと大きくするつもりですか? A.いいえ。時代の流れと共に会社の在り方も変化して当然だと思いますが、 現在はちょっと手を広げ過ぎているように感じます。一個一個の弁当をより 心を込めて作ったり、従業員全体のワークライフバランスを考えると、 今の身の丈の規模に縮小した方がいいのではないかと思います。 世界に広めるよりは、日本橋の名物になる方を目指します…

続きを読む

よくある質問⑭

Q.地方在住者です。正式採用が決まったら近くに越す予定ですが、試用期間中は どこか泊まれる場所はありますか? A.現在、会社の方でご用意出来る部屋は空いておりません。 ウィークリーマンション等を手配することをお勧めします。地方からの応募も 歓迎いたします。面接や勤務開始日などは相談させていただきますので、 一度ご連絡下さい。 また、試用期間中の宿泊費を一部補助する場合もご…

続きを読む

この仕事で経験できること①

弁松で働くことが、それだけで江戸の文化の担い手となります。 ただ単にお腹を満たすための弁当ではなく、160年以上前から 続く江戸文化の一部としての弁当を作ります。 恐らくは今まで何百人もの職人たちがこの味を守って来たと 思いますが、そのバトンがあなたにも渡されているのです。

続きを読む

この仕事で経験できること②

調理はどれも弁松独特のものがあると思います。 なので、他のお店で調理の経験がある方は戸惑う かもしれません。こんなに砂糖と醤油を使うのか!とか。 調理人というよりは、宮大工や伝統工芸職人のような 文化の継承者という意識で仕事するとしっくり来ます。

続きを読む

この仕事で経験できること③

今まで料理をしたことがない人でも一年もすれば玉子焼を焼いたり、 煮物を煮たり、ご飯を炊いたり出来るようになっているかもしれません。 毎日毎日、家庭では絶対に作らない量を調理するので、料理の経験値が グングン上がります。 まかないでは和食にとらわれずにいろいろ作るので、それも担当する ようになったらレパートリーの幅が広がります。

続きを読む

この仕事で経験できること④

折詰弁当を詰めるという作業は、小さな折箱の中に一から世界を 組み立てていくような感じです。弁松の弁当は、ほとんど仕切りが なく、角度や位置、大きさのバランスなんかを考えながら詰めないと 格好悪い弁当になります。なかなか一人で全部を詰めるということは ありませんが、流れ作業であってもきれいに仕上げられる美的感覚が 磨かれます。

続きを読む

この仕事で経験できること⑤

すぐに出来るわけではありませんが、食に興味がある人なら 弁当や総菜の新商品の企画をまかせることもあります。 原価や作業効率、見た目や中身のバランスなどいろいろな 要素がからんでいるので、実際に商品化されるまでは大変ですが、 自分が考えた商品がお客さんから長く愛されるロングセラー商品に なるかもしれません。

続きを読む